うつ病はセルフチェックで見抜こう|病気にストップ

厄介な病魔から身を守れ

婦人

現代ではいじめがより深刻化した原因に、無料ウェブサイトなどでいつでもどこにいても相手と連絡を取れることにあるといわれています。そして、その波に乗り遅れると仲間外れが始まるのです。そのようなことがあると人間不信に陥り、うつ病を患ってしまいます。他にも転職やクラス替えなど環境の変化によってうつ病を発症することもあり、原因は実に様々です。また、日本では100万人前後もの方が心療内科や精神科にかかっており、4人に3人はなんらかの理由で病院にかかっていない方がいると想定されています。他にも、15人に1人の割合で、まだうつ病にかかったことがない場合でも、将来なり得る可能性が高いといえるでしょう。ですので、他人事だと思わずに日頃からこまめにストレス発散をするのがベストです。例えば、カラオケボックスに行き、3時間程度大きな声を出して歌うだけでも効果が得られます。そして、一人でいくとより効果を得られるでしょう。その理由として、大勢で行くと自分の歌いたい歌が歌えないだけではなく、一緒に来た人に気をつかわなければならないので、一人の方がストレス発散に向いているのです。他にも、散歩やランニングをするなど方法はいくらでもあるので、ストレスを溜めないようにチェックすることが大切です。

ストレスの積み重ねによってうつ病になってしまう場合があるので、ストレス度をチェックして適度に発散するようにするといいでしょう。例えば、不安が伴うケースであれば不安障害も誘発してしまうことがあるので、そうならないために資格の勉強をして、合格を目指すのがベストです。何故なら、基本的に不安になる要素として自分はなにもできないと思い込んでしまうのが原因でもあるのです。ですので、将来のことを心配するよりも、先ずは自分の好きな事ややりたい事を見つけ、資格を習得することによって自分に自信を持つことができますし、まだ見ぬ未来に希望を見つけることができるようになるでしょう。他にも、嫌なできごとがあったなら、それを自分で解決するのではなく、誰かに愚痴をいうのも効果的といわれています。しかし、愚痴をいう相手を間違えてしまうと、励まされたり、説教をされたりするので、できるだけ心療内科や精神科の医師に不満をぶつけるといいでしょう。こちらの医師は基本的に自分から話すことがないので、なんでもうんうんと話を聞いてくれます。そして、医師が患者のデータを取るために様々な内容をメモしており、うつ病の状況などを確認することができるので出すべき薬の量も把握することができるでしょう。

人はほんの些細なことでもストレスが溜まる生き物ですので、無理をせずに発散するのが一番です。しかし、中には自分はそんなにストレスを感じていないと思っている方もいるでしょう。しかし、突然糸が切れてしまい、なにもできなくなってしまうケースも報告されているので、自分がうつ病でないかチェックするといいかもしれません。セルフチェックはスマートフォンまたはパソコンを持っていれば誰でも簡単に調べることが可能です。そして、それらの質問に全て答え、出たものが今のあなたの状態ということになるといえるでしょう。この病気は誰にでも起こる可能性が非常に高く、治療期間も長い厄介な病気ですので、早めに自分の状態をチェックすることによって、発症を防ぐことができるのです。