うつ病はセルフチェックで見抜こう|病気にストップ

女性がなりやすい理由とは

ウーマン

うつ病は誰でも発症してしまう恐れのある病気と知られていますが、特に女性は注意が必要です。何故なら、女性特有の生理期間や出産、更年期障害などに左右される生き物だからといえるでしょう。特に出産は女性しか経験ができないことなので、パートナーに分かってもらえない辛さからうつ病を発症してしまうことがあります。また、出産前には感じなくても、出産後に育児ノイローゼになりうつを発症される方が多くいるのです。こうならないためには、事前に出産や育児のことについて夫婦で知識を詰め込むことが大切です。現代では核家族化が急激に進んでおり、家族や親戚の赤ちゃんの世話をする機会が格段に減っていることが原因の一つといえるでしょう。ですので、知識を頭に入れておくだけでも、出産した時に慌てずに子育てをすることが可能になるのです。また、奥さんが憂鬱な気分になっていないかチェックするのが旦那の役目ですので、傍にいられない分気を使ってコミュニケーションを積極的に取るようにするのが一番の薬になるでしょう。そして、奥さんが出産してノイローゼになってしまうことを予め想定して、それまでに包容力を身に付けておくのがベストです。

40歳を過ぎると、ほとんどの女性が生理が終わり、女性ホルモンが急激に少なくなってきます。また、そうなるとイライラや気分の浮き沈みが頻繁に起こるようになり、家族に八つ当たりすることもあるでしょう。そして、それが悪化してしまうとうつになってしまう可能性があります。また、そうなってしまう前にセルフチェックをすることによって、自分の状態を知ることができるので、試してみるといいでしょう。例えば、チェック項目に不眠や過眠の有無や食欲の有無を入力するだけで、自宅にいながら簡単に知ることが可能になっているのです。そのコンテンツを活用して少しでも当てはまるのであれば、早めに専門病院に行って診察を受けるようにするといいでしょう。また、心療内科は内科や外科と違い、医師から質問や話しかけることがほとんどないので、自分のタイミングで今の気持ちを上手く伝えなければなりません。その際に、緊張して泣いてしまうことが多々あるので、事前に手紙などに自分が思っていることや症状などを書いておくと安心することができるでしょう。

精神疾患になってしまったら、無理せず長期的な休暇を取ることがとても重要といえるでしょう。何故なら、うつ病は数週間や数カ月で治る病気ではないので、少なくても1から2年前後は時間を作るようにするべきです。そして、トラウマが原因で精神疾患になってしまったのなら、そのことを思い出させない環境を作ることが大切といえるでしょう。例えば、父親の暴力が原因でふとした瞬間にフラッシュバックをしてしまうのなら、男性がいないところに隔離する必要があります。特に、大声をあげることによって、過去に記憶が一気に脳内に甦り、うつ病がなかなか治らなくなってしまいます。ですので、自宅から離れた親戚の家や施設に預けるという手段もありますし、完治するまで精神病棟に入院させる手段もあるので、検討してみるといいでしょう。また、この病気は一見治ったように見えて急に元に戻ってしまう可能性があるので、見た目をチェックするだけではなく医師の指示を仰ぐようにするべきです。